自宅で商品を仕入&販売をして利益を出す

Amazonで物が売れるお店づくりの続き 2 | お店に行かないので時間を気にせず初心者でもやりやすい「超効率化せどり」


テーマ:出品

こんにちは taka です。

さすが12月、忙しい日が続いています。

できる限り毎日ブログも更新できるよう

頑張ります。

今日の天気は 晴れ。気持ちの良い

一日になりそうです。


さて、前回の続きで今回の内容は

「商品のコンディション説明の考え方」

についてです。


コンディションの説明のポイントは3つ。

A お客様にメリットのある順番、知りたい順番で説明する

B お客様が不安に感じることはひとつ残らず、

解決する内容にする

C 商品やパッケージの状態が悪い場合は、

マイナスのことを書いたあとにプラスのことを書くと

いい印象を与えることができる



人それぞれですが、自分がお客様の立場に立って

何が知りたいのかを考えてコンディションの説明も

書いていくと良いと思います。


次回はコンディション説明の例文を

書いてみますのでよろしければ参考に

してみてください。


今日も taka のブログをご覧いただき

ありがとうございました。

自宅で商品を仕入&商品を販売して利益を出す