目標は紙に書き出した瞬間から叶いやすくなる!

目標は紙に書き出すことが重要であるそうです。

 

目標や課題が頭の中にある場合

脳は自身とそれらを一体のものとして捉えてしまうそうです。

生物には今の状態を維持しようと働く

「ホメオスタシス」 という機能が存在するそうです。

傷がしばらく経つと元の状態に戻るのもその作用であり、

人間が100年経っても人間のままで

ほかの何かにならないのもこの機能が

働いているそうです。

 

恒常性維持機能とも呼ばれていますが

心においても今の自分を肯定的に捉えて

変化しないように作用する機能が働いています。

 

「変わりたくない自分」に目標や課題が入っていても

目標や課題は叶いにくい状態にあるということです。

「紙に書き出す作業」は頭の中にある目標や課題を

「自分の外に出す作業」だそうです。

 

これにより 「ホメオスタシス」 による自縛から解放され、

目標や課題に対して客観的な視点で向き合え、

改善しやすい対象に変えることができるそうです。

紙に書く事の重要性は、成功されている多くの方が

実践されていますが今私のメンターのひとりである

名倉 正 さん

も実績され、コーチングして 成幸 されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です